将来を見据えた資格の取得|ピアノレッスンでプロ並みに弾けるようになる

ピアノレッスンでプロ並みに弾けるようになる

将来を見据えた資格の取得

メンズ

福祉関係の資格も多種多様

福祉関係の仕事に就くにも様々な職種(資格)があります。ホームヘルパー、介護福祉士など実際に利用者を介護する職種、作業療法士、言語療法士、理学療法士などのリハビリ機能回復の職種、そして、利用者の福祉に関する相談に関わるのが社会福祉士です。「福祉相談員」「ソーシャルワーカー」「児童相談員」としての職種があり活躍している方がたくさんいます。社会福祉士は介護職の中でも知的知識が必要な資格といえます。福祉関係の法律や制度、心理学などについて知識が必要です。一般的には、大学や専門学校を卒業しないと社会福祉士の受験資格はありません。新潟にも受験資格取得可能な教育機関があります。全国的にも新潟でも就職先はあまり変わらず、病院、児童相談所などの児童福祉施設、または知的障害者施設、老人介護施設などがあります。

長く続けるから取得したい

社会福祉士の資格が人気ある理由としては「国家資格」であること、また、就職先施設が多岐にわたり、選択肢の幅が広がるところでしょうか。「児童福祉」「障害者福祉」「生活保護」「高齢者福祉」など、それぞれの分野で必要な職種です。介護福祉士が実際に介護をするといった肉体労働に比べ、社会福祉士は福祉制度など法律面の知識をもとに利用者の相談員としての業務が主になります。全国的にも新潟でも社会福祉士は福祉系の資格で最高峰とも言われる資格です。新潟でも相談員としての業務だけではなく、施設や団体の中でのいわゆる出世を狙う方も社会福祉士の取得を目指すようです。施設長やセンター長などマネジメントしていく役割を持つことが多いようです。