お菓子づくりが学べる学校|ピアノレッスンでプロ並みに弾けるようになる

ピアノレッスンでプロ並みに弾けるようになる

お菓子づくりが学べる学校

デザート

授業でお菓子づくり

製菓の高校に入学すると、授業で洋菓子や和菓子、パンなどを作ることができます。お菓子づくりを基礎から学ぶことができ、食の安全などの意識が高まります。なお、高校ですから、製菓の知識を学ぶ以外に国語や数学、地理や世界史などの一般教科についても学習します。授業でプロの菓子職人になるために必要なスキルを磨くと同時に、高校生に必要な学力も身につけることになります。授業では、実際にパン屋さんやレストランなどの現場に見学に行き、お菓子やパンを作る実習があります。勉強がメインの一般的な高校に比べると、実技が中心です。高校の在学中に、製菓に関する資格を取得することもできます。資格があれば、就職しやすくなるでしょう。

卒業後の進路

製菓高校を卒業した後は、パティシエや製菓衛生士になる道があります。勤め先として、お菓子屋、パン屋、カフェ、ホテル、レストランなどがあげられます。作るものが洋菓子と和菓子とで、進路が大きく分かれます。洋菓子の場合は、ケーキやクッキーなどを作ることになりますし、和菓子だとまんじゅうや団子などが代表的です。昔は和菓子職人に弟子入りをする制度などがありましたが、現代は和菓子店や和菓子メーカーに就職して、美味しい和菓子を作ります。入学する製菓高校によって、卒業後の進路がある程度決まってくるようです。入学する際には、高校卒業後にどんなところに就職できるのかまで含めて、進学先の学校を決めた方がよいでしょう。